友人の紹介がNO.1

恋人を見つける方法っていろいろありますよね。

もちろん理想とする方法と現実的に出会える方法ってかなり違ったりします。

現実的に恋人と出会える方法として一番多いのは、友人の紹介ということです。

これって何かのアンケートとかでも見たんですけど、20代の女性では約55%が友人の紹介で恋人を見つけたということです。

同じく20代の男性では42%と、ほとんど半分ぐらいが友人の紹介で知り合ったという感じです。

やっぱり持つべきもの友達なんですね。

自分のことをよく知っている友達が紹介してくれる人だったら、安心して距離を縮めることができそうですもんね。

それにいろいろと相談にのってもらったりもできるし、なんなら告白の後押しもしてもらえそうです。

 

確かに多くの人が友人の紹介で恋人を見つけたりしてるのですが、友達が少ない人って結構厳しいですよね。

紹介してもらいたくても、そこまで仲の良い友達が多くなければ実現しないことですから。

学生時代の友達は社会になると疎遠になったりしがちですが、いろいろな面で助け合えることも多いので繋がりは大事にしておきたいですよね。

社会に出てからは会社や仕事で知り合って友達なることが多いようですが、そういった一つ一つの縁も大切にしていきたいですね。

もちろん紹介してもらうばかりじゃなくて、自分も紹介もしてあげるような存在でいなければいけません。

結婚相談所や婚活パーティーで知り合うのもいいですが、もっと地道な紹介を頼りにするのもいいのではないでしょうか。